PAGE

勉強と習い事を両立させる教育

教育を考えるなんて思いもよりませんでした 塾にも行かず、習い事もしていない子がいます。学校は3時ごろに終りますから、それ以降は自由になります。5時ごろまでは友達と遊んだりして、それ以降は自宅に帰ってテレビを見たり、食事をしたりゲームをしたりしているそうです。そして程なく寝る時間になって寝ることになります。9時に寝るとしたら、3時から9時まで6時間をそのように使っています。塾に通っていることの場合、毎日ではないにしても行けば3時間ぐらいは勉強するのでしょう。

習い事をする場合も3時間ぐらいです。塾や習い事がないときは塾の勉強、習い事の練習などをすることになります。たくさんあって大変そうに思いますが、上手く時間配分を行えばできるものです。でも、子供の中にはこの両立が上手くできなくて困っている子がいます。塾の成績が上がらない、習い事が上達しないと悩んでいるようです。このような時、親としてはどうすればいいかです。いくつもやらせるより、一つに集中させたほうがいいかなども考えます。

教育としては、両立をさせることを考えます。時間に無駄がないかどうかを考えさせるようにしましょう。その中の無駄な部分を勉強や習い事の練習に充てれば良いと教えるのです。するとテレビを見る時間やゲームの時間などが無駄だと思うようになります。自分からそれよりも勉強したほうが良いと思えるようになるのです。無理にテレビを見させないようにするとその反動で全く勉強をしなくなったりするかもしれません。

Copyright (C)2022教育を考えるなんて思いもよりませんでした.All rights reserved.