PAGE

専門学校で行われる教育

教育を考えるなんて思いもよりませんでした 専門学校で行われる教育は、小学校や中学校、高校、大学、短期大学とは少し異なります。小学校や中学校は国民の義務として最低限の事を学ぶ場であります。それは、勉強はもちろん、人間関係なども含みます。その延長として高校があり、高度な勉強を学ぶステージとなります。現代では高校は大学や短期大学、専門学校へ行くためのステップと考えられています。大学や短期大学は、勉強というよりは研究をする場となります。自分の極めたい分野を研究し、社会に貢献する事が本来の目的です。専門学校は就職に向けて、専門的な事を学ぶ場です。就職の為の学校といえます。このように考えると、専門学校のみ就職という目的が異質に存在する事がわかります。専門学校の教育は就職を目指しているので、それは訓練に近いです。

小学校、中学校、高校は学校が決めたカリキュラムで人間として生きるために必要な事を全般的に学びます。ただ、現代は大学受験のための勉強というのが主体になってしまっています。大学や短期大学は自分の為の研究を行い、その延長戦上に社会貢献があります。総合的に見て人間形成が主体となっている部分はあります。それらは、就職後役に立つものではありますが、専門職としての手に職がある社会人にはなりにくいです。専門学校は手に職をつけるための学校だといえます。従いまして、人間形成よりも職人としての技術の習得に集中した教育だと考えることもできると思います。

Copyright (C)2022教育を考えるなんて思いもよりませんでした.All rights reserved.