PAGE

キャリア教育について考える

教育を考えるなんて思いもよりませんでした 自分の子供には将来苦労をしてほしくない、と考える親は多数います。そのような親は子供が苦労しない為に、幼い頃からキャリア教育を実施する傾向があります。子供時代に対してのキャリアとは考えにくいものですが、ここで指しているのは、有名大学へ進学できる小学校にお受験し入学する事です。子供にとってお受験はとても負担な作業であると思います。私は苦労を先に買うか、後に買うかという考え方もできるのではないかと思います。または、苦労だけを先に買っているのではないか、とも感がられます。

早期からのキャリア教育は将来の保証などありません。有名進学校へ入学するのは苦労します。その子供が大学を卒業する時、就職に苦労しないわけはありません。就職後も同じように苦労しないわけがありません。そう考えると、苦労だけを先に買っているのだと考えてしまうのです。そして、重要なのは子供の気持ちです。苦労とは一体、その子供にとってどのようなものなのか、親は理解できていないケースが多いと思います。例えば、有名進学校を卒業し、有名企業に就職し、高給を得るだけで、その子は苦労をしない人生になるとは私は思いません。中にはそれが幸せだと感じる人もいると思いますが、そうしなくても幸せは感じられるはずです。

結局のところ、子供の気持ち次第というのは重要なのです。キャリア教育についてこのように考えると、親の自己満足の部分が多いのではないかと思います。

Copyright (C)2022教育を考えるなんて思いもよりませんでした.All rights reserved.